いろいろなL・Mマウントレンズで撮影しています。


by toycam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

レスラー

今年、最後のプールに行きました。

前回は、お盆の最中に行ったので、まるで、中国のプールのように
人だらけで、凄まじい状態でした。

今回は、すでに、夏も終わった感じの気温で、人も、まばらでした。

波のプールというものがあり
1時間に、1回、10分ほど、波がきます。

前回は、人だらけで、波を感じる余裕もなく
ごちゃごちゃしていて終わってしまいましたが
今日は、すいているので、波を感じることができます。

波の高さは、最高で1ⅿから1.5ⅿくらいです。
横向きで、波を受けると、耳に水が入ります。
結構なパワーです。

ボクは、子供二人を、引き連れ、波を待っていると
目の前に、20代半ばの金髪で、サイドは、ギザギザに刈り上げ、えりあしロンゲで
筋肉ムキムキなマッチョな人がいました。
髪型は、アートでした。

肩に子供を乗せ、波が来ても、ビクリとも動きません。

波が来るたび、「波、こいや!」と叫んでいました。

どうみても、プロレスラーだ!

あんな髪型で、波が来ても、まったく動かない

ボクは、プロレスラーか確かめたい衝動に、かられました。

全日か、新日か

それとも、k1なのか・・・

しかし、スポーツが嫌いなボクには、顔を見ても、わからない。

でも、確かめたい

でも、怖くて、聞けない

ボクは、勇気もなく
とても、小さな人間でした。

そして、ただ、その人を見ていました。

10分続いた波も終わり

監視員のピーという、終わりの合図がながれました。

少し肌寒い、青い空の中

それは、夏の終わりの合図にも、思えました。


集まっていたお客さんも、他のプールに移りはじめました。

と!その時、波のプールの仕切りのコースロープを

その人は、まるで、リングのサイドロープのように、腰を入れながら、肩で持ち上げ
自分の子供を、通してあげていました。

聞く勇気は、なかったけど

やはり、プロレスラーだということがわかりました。

対戦相手は、いなかったけど

ナイスファイトでしたよ!
by toycam | 2014-09-06 18:10